進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
観光資源の多様
中央コンテンツブロック
多様化された観光資源


東シナ海に散在するヒスイの珍珠のような澎湖列島は、元々火山で造成された大規模な玄武岩方山で、後に侵食による砕裂によりバラバラになった列島となり、このため、地質景観は壮麗で、世界の他の地質景観に匹敵し、同時に複数の保留地域及び保護地域を擁するため、外国人から「神業の石彫刻公園」との評判を受けています。

汚染されていない海域、金色のビーチは、澎湖がマリンパークを発展する最高の潜在能力となり、各種マリンスポーツを発展させる価値を持っています。近年ヨットコビアフェスター、サーフィン競技、澎湖湾を遠泳、ワールドカップヨットレース等の各種マリン競技が開催され、国内外のトップアスリートたちの参加を惹き付け、観光客が澎湖へ訪れる目的の一つとなっています。
文化歴史面において、澎湖県は開発歴史が非常に長く、文献記載でも開発が西暦1281年から始まっていることを推定できます。近代考古学者が出土された文物内から鑑定したところ、4、5,000年前に人類がここで生活を営んでいた跡を発見しました。よって澎湖の文化資源は非常時多元的で、地域特色に富み、貴重な人文景観となり、最高の観光旅行スポットとなっています。

澎湖では、古跡として約22ヶ所が登録されており、このうち政府から認定された一級古跡も含まれます。島民の敬虔な信仰により、現地の寺社は165基余りにも達したことを形成し、同時に豊富で人の心に響く民俗を醸成し、いたるところで海洋文化特色のある石敢当、山海鎮、吉祥亀で運を呼び込み、王船等の文化資産が見られ、大きな特徴となっています。別に農地ロケーションの発展による集落文化は、更に澎湖の歴史を探究する最適な博物館となっています。澎湖の特殊な歴史文化により、多くの芸術創作、文物を収蔵する芸術家を育成し、現地の非凡な人文素養と芸術価値を示しています。

特色を総合的に見ると、澎湖の観光旅遊事業の発展においてより一層優位性を持っています。よって、これら多様化された資源により、最高の観光サービス機能を提供でき、多くの特色のある文物館、博物館が設立されているだけではなく、いたるところにサービスセンターがあり、観光客に最高のサービスを提供します。

ここ数年外国及び国内からの資金により、現在五つ星ホテル及び大型リゾートホテルがあり、澎湖の観光事業を別の新しい分野に向かわせています。澎湖の観光事業を継続して国際化させるため、各機関・部署ではより一層経営・投資環境のプロモーションに取り組むことで、更に多くの国内外の企業グループからの投資を誘致しています。