進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
県魚
中央コンテンツブロック
玳瑁石斑
玳瑁石斑
モヨウハタ 学名:Epinephelus quoyanus
英名:Long-finned grouper
產地:廣泛分布於印度-太平洋海域。台灣北部、東部、南部及澎湖海域岩石海域或珊瑚礁區尤以本縣產量最高分布海域最廣


 
外観特徵:
体長は体高の3.0~3.3倍です。前鰓蓋骨下縁に前向棘があります。体に褐色で、頭部、体部及び各鰭を含んだ全身に六角形の斑紋が密に入り、斑紋の間隔が狭く網目模様のため命名されました。背中の背鰭基部にほとんど模様がありません。

生息地:
沿岸浅海域の魚種で、常に干潟及び内湾など穏やかな岩礁域に生息し、生息の水深が20mを超えることは非常に少ないです。主に小魚及び甲殻類を食します。

漁具漁法:
延繩釣、乙支釣 

体長:最大体長は32cm以上で、一般的に約15~25cmとなります。

習性:浅海域に生息し、大半サンゴ礁域の付近を回遊して餌を探し、小魚や甲殻類を食べます。砂泥底域のある岩礁環境を特に好みます。小型のハタに属し、通年でも取れますが、春夏の二つの季節が比較的多く、澎湖付近海域サンゴ礁域でもよく見られます。

漁具漁法:延縄釣り、一本釣り

漁業及びその利用:本県沿岸でよく見られる魚種で、その取れ高も豊富です。一般的な漁法は、手釣り、石垣、火光で捕獲します。本県沿岸の重要経済魚種です。昔本県の生活物資が欠乏し、一般家庭でも海でスガイ拾い、魚釣り、石垣、火光等で海洋生物を捕獲して生計の足し或いは家庭の副食材としていました。澎湖海域の岩域及びサンゴ域が発達しているため、モヨウハタが住みつく最も適した生産域となり、主要な捕獲魚種となりました。モヨウハタの肉質は柔らかく且つ美味しく、更に取れ高が豊富で、長年に渡り澎湖の住民たちの食卓の最愛と友となってきました。フライパンでの炒め、焼き、醤油煮、蒸し、スープといった各種異なる調理方法で、モヨウハタの美味しさを味わうことができます。澎湖にくると必ず食べられるグルメで、本場澎湖の味を代表します。よって2000年には本県の県民投票により、16,000票を得票して本県の県魚に選ばれました。