進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
県鳥
中央コンテンツブロック
澎湖のヒバリは広い草原に見られ、空に舞い上がる時に鳴く声が明るく、「告天子」と呼ばれ、澎湖特有の野鳥です。
縣鳥
澎湖のヒバリの生態と習性
ヒバリ〈Alauda gulgula〉は、ヒバリ科鳥類〈世界に75種、台湾に1種〉に属し、ヒバリ科鳥類は南北極を除き、世界各地に分布しています。台湾でも繁殖しています。頭に冠羽があり、両翼が広く、足が略長く、後趾の爪が長くなっています。主に広い草原、農耕地、山間の広い地帯に生息しています。昆虫や植物の種子を食べます。常に地面で活動し、鳴きを好き、窪みに巣を作ります。ヒバリは台湾で2亜種、〈A.g.wattersi〉があり、本島で繁殖し、全身黄褐色で、黒褐色の縦班があります。後頭の羽毛は伸長し、冠羽になります。胸が黄褐色で、黒褐色の縦縞が入ります。腹部以下が薄く黄褐色です。もう一つの亜種の澎湖ヒバリ〈A.g.coelivox〉は澎湖で繁殖し、全身が濃い黄褐色です。