進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
県木
中央コンテンツブロック
ガジュマルは、旱魃に強く、また痩せた土地にも耐え、劣悪な環境にも適応し、生命力が強く、最も有名なのは通梁のガジュマルの古木で、樹齢は300年余りに達するため、澎湖の県木に選ばれました。
ガジュマル:Ficus microcarpa
縣花
別名:
ガジュマロ、タコウノキ、ニンジンガジュマル、細葉榕。
特徵:
常緑高木。幹は多数分岐して繁茂して囲から褐色の気根を地面に向けて伸ばしていきます。伸びた気根は幹や土台の低木や岩に複雑に絡み付い、樹冠が四方に広がり大きくなります。葉は楕円形または倒卵形で、長さ5~8cm、革質、平滑で、葉の上面は濃い緑です。果実が球形、直径9~10mm.で、赤熟します。中国南部及び台湾全島の平地にかけて自生しています。本県の寺社、庭園、街道でよく見られ、最も有名なのが通梁のガジュマルの大木で、樹齢は300年余りに達します。 分布:日本、インド、マレーシア、フィリピン、オーストラリア、加利多尼安河。
用途:
行道樹及庇蔭樹。