進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
県花
中央コンテンツブロック
縣花
県花
オレンジと黄色の天人菊は、強靭な生命力に満ち、劣悪な環境においても島民の不屈の精神のように、澎湖県の花に選ばれました。

天人菊は、本来アメリカ南部で生長していた植物で、その繁殖力も非常に強く、海岸や山丘でも花の径は5cm前後の花を咲かせます。背丈は約50cmで、咲き終わると丸い玉になり、観賞に適しています。熱い夏が来るとオレンジ色の美しい花を咲かせます。

天人菊は、本来アメリカ南部で生長していた植物で、その繁殖力も非常に強く、海岸や山丘でも花の径は5cm前後の花を咲かせます。背丈は約50cmで、咲き終わると丸い玉になり、観賞に適しています。熱い夏が来るとオレンジ色の美しい花を咲かせます。
 
天人菊Gaillardia pluchella Foug
別名:
ガイラルディア
特徴:
一年草タイプで、澎湖県の県花です。 高さは約20~60cmで、全体的に柔らかい毛があり、葉は互生し、倒披針形で、長さが10cmとなり、全緑或いは浅裂となっています。夏季に開花し、花径が5cmで、舌状花冠が3中裂し、筒状花裂片の先は鋭く尖っています。筒状花は黄色または先が赤色で、舌状花は先が黄色く中心が赤色で、若しくは黄色か赤色です。 痩果は4稜あり長さ2~3cmです。冠毛は鱗片状で、5~7枚あります。 分布:草原或いは荒廃地に群生し、澎湖の各地で見られ、澎湖草地植物社会の優占種です。