進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
古学の遺跡
中央コンテンツブロック
考古遺跡
澎湖の根源

考古学者が澎湖で計91ヶ所の古代文化財を発見し、このうち、史前文化財が52ヶ所、歴史文化財が39ヶ所でした。これら古文化財は澎湖の16島に分布し、澎湖本島が28ヶ所あり最も多く、次いで白沙の15ヶ所、望安の12ヶ所の順となっています。遺跡内で採掘された文化財は石器と陶器が多数を占め、少しの骨器もありました。また例えば貝殻、魚骨及び獣骨等の大量の遺物も発見されました。


考古データによると、澎湖は5,000年前に、粗縄紋土器を代表とした新石器時代に人類の活動があることを示しました。漢民族が澎湖に移転したのが、9或いは10世紀頃で、移民でも中国の漳泉両府の一時移民でした。当時大型の集落は無く、移民は捕魚、採貝、蓄養或いは耕種などで生計を立て、且つ中国の福建と沿海貿易を行っていました。

考古学者は、漢民族が澎湖列島を開墾し始めたのは遅くとも北宋の前、唐朝末或いは唐宋朝の間であるという可能性を示しています。彼らは澎湖を臨時漁業基地或いは休憩地とし、南宋時期になると澎湖に定住し始めたと考えています。