進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
雨季
中央コンテンツブロック
澎湖風景
モンスーン
強烈なモンスーンは、澎湖特有の自然現象です。澎湖はモンスーン標準地域内に位置し、秋の終わりから冬初の頃の東北モンスーンが管状となった台湾海峡を通過する時、風力が加速するため、澎湖の冬季は常に肌を刺すモンスーンの下に覆いつくされます。モンスーンの下、澎湖地区の冬は高緯度地域から風が吹き、風向きは大半が北北東となっています。
地形による遮蔽が無いため、澎湖の冬の風速は非常に強く、10月~翌年1月の風速は6m/s以上維持され、これは等級4の風に相当し、その後風速が徐々に弱まってきます。
平均風速はわずか等級4の風ですが、完全な大陸寒気団が南下してきた時、風速が等級8以上に達し、突風も等級12以上に達します。
洋上では、風速も陸上より強くなります。
夏季、アジアモンスーンは太平洋側からアジア大陸に向かって吹き、澎湖の風向きもこれにより南風に変わり、風速も緩和になり、その平均風速は約3.5m/sとなり、等級3の風となります。
8月末から風向きが再度北北東に変わり、風速も徐々に強まっていきます。
澎湖での海風風速の季節における変化は非常に大きく、冬季の10月~翌年3月の風速が10m/sを超える出現率は56%に達し、夏季の4月~9月ではわずか7.5%となります。風速が5m/sを下回る出現率は冬季でわずか15%で、夏季で約54%となり、これにより澎湖における冬季の活動は明らかに減少し、観光旅行客数も明らかに減少し、つまり澎湖旅行のオフシーズンとなります。
毎日の風向き・風速の変化は余りありません。
台湾及びその他近場の海及び巨大な水域地区において、陸風、海風の循環があり、夏季における日中時、風は海から陸へ吹き、夜になると、陸から海へ吹きます。
澎湖は周囲を海に囲まれ、陸地の幅もまた狭く、陸風、海風の循環が生まれないため、冬季に東北風が吹き続け、夏季になっても西南風が吹き続けるため、明確な期日を周期とする風向きの変化がありません。