進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
雨量
中央コンテンツブロック
澎湖海洋風景
雨量

澎湖は、地勢が平坦で、高い山がないため、局地的豪雨が発生しません。年平均降水量はわずか約1000mmです。また風速、日射等の気候的な要因の影響により、年間蒸発量が1600mm余りに達します。

降水量の分布では、季節として雨季と乾季が明確に区別されます。毎年10月~翌年3月までが乾季に属し、降水量は約200mmとなります。また毎年4月~9月が雨季で、降水量が約800mmとなります。通年の降水日数は約95日になります。

澎湖地区における降水pH値は中性(澎湖国家風景管理処の大気品質警察通信所観測局、1997.6.1、pH7.69)です。これは、澎湖地区の大気汚染が少なく、二酸化炭素、窒素酸化物、硫黄酸化物等による酸性雨の化合物の濃度が大きくないからです。しかし海水が蒸発して大気中に浮遊する塩類が雨水に吸収されるため、雨水がややアルカリ性になります。