進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
土壌
中央コンテンツブロック
澎湖花嶼古老地質層
土壤

澎湖の土壌は、主に気候及び地質分布の影響を受け、分布状況と形態も非常に単純なものです。土壌の大半は玄武岩及びサンゴ礁が風化して出来たもので、各海岸でも異なる潮流及び海風の影響を受け、異なる土壌形態が形成されました。一般的に澎湖花嶼の古い地質層土、及び非花嶼系の玄武岩地質層土という二大群に分かれます。前者は丘稜高地の残積土で、土壌の主要成分はナトリウムを含んだ長石で、副次的成分に雲母、角閃石及び輝石があり、中性から酸性寄りの土質となっています。後者は大半塩基性の玄武岩風化土で、主要成分がカルシウム長石と輝石で、中性からアルカリ寄りの土質となっています。