Go to the website

Culture-Penghu County Govermment

新着情報

元旦に旗を揚げる陳光復知事:来年は自由参加を奨励 県政府チームが熱意と効率を発揮することに期待
Penghu County Government 2023-01-01 714
    澎湖県政府は1日午前、県政府広場で「中華民国112年(2023年)元旦国旗掲揚式・祝賀イベント」を開催しました。澎湖県の陳光復知事は、2024年以降、県政府一級主管以外は、国旗掲揚式は各界組織は自由参加とし、県政府チームが熱意と効率を維持し、将来のために協力し、県民をケアすることに期待を寄せました。

    澎湖県政府の2023年元旦国旗掲揚式は、7時35分に中山小学校の太鼓演奏で幕を開けました。続いて朝陽コミュニティのエネルギッシュなフォークダンスと四川オペラ・変面パフォーマンスが行われ、温かい拍手が送られました。

    午前8時、陳光復知事が県政府チーム、学校、機関、事業体、コミュニティ、部隊、県民を率いる中、澎湖海事吹奏楽団が演奏し、菊之音小型パフォーマンス歌劇坊が歌唱しました。全員での国歌斉唱と同時に国旗が掲げられ、国旗に敬礼し、明るく美しい2023年を迎えました。

    陳光復知事は、澎湖は北東モンスーンにより冷えるため、政府機関のスタッフや若い学生を思いやり、今後、国旗掲揚式において、県政府一級主管以外は、各界組織・学校は各自の希望に応じて自由に参加するよう宣言しました。

    陳光復知事は「2023年の最初の朝、全員が県政府広場に集まって国旗掲揚式に参加し、この新しい一年、県政府チームを率いて最高の熱意と効率で県民に奉仕し、澎湖を引き続き改善し、進歩させていきたい」と語りました。

    国旗掲揚式の後、陳光復知事らは、「全県民が共に前進する」ためにマラソンのスターターピストルを鳴らしました。参加者は県政府を出発し、民族路と中山路を通り、再び中山路から県政府に戻りました。
更新日:2023-01-12
トップページ TOP
top