進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
新着情報
中央コンテンツブロック
革新を目指す2020国際海上花火フェスティバル 初の国際花火コンテスト
新聞科 2019-10-07 111
    2019澎湖国際海上花火フェスティバルでは、初の花火搭載ドローンが新たな注目を集めました。わずか2個月半の開催期間でのべ42万人の観光客を集め、21億ニュー台湾ドルの観光売上を生み出したのです。来年は広く国際グループを招き、花火コンテストおよび花火フォトコンテストを開催します。頼峰偉・澎湖県知事は、「ドローンは澎湖に大きなビジネスチャンスをもたらします。花火フェスティバルが絶えず新しい見どころを創り出し、澎湖花火ブランド独自の魅力を生み出すことに期待しています」と述べました。

    7日に県政会議を開催した澎湖県政府は、旅遊処を招いて澎湖国際海上花火フェスティバルの成功体験を共有しました。また、新しい姿を見せることにより観光客にこれまでにない体験とフィーリングをもたらすため、マーケティングの統合、ハードウェアデザインの改善、周辺との協力による連動イベントの開催、マーケティングの継続、イベント内容の創新について検討しました。

    頼知事は、旅遊処によるドローンの創造性は澎湖に大きなビジネスチャンスをもたらし、ホテル業の予約率は20パーセント、レンタカー業の業績は50パーセン、のべ観光客数は30パーセン成長し、澎湖の観光業者は休む間もなく繁盛しており、今後も創意工夫を発揮し、再び澎湖観光の見どころを生み出したいと話しています。

    陳美齢・旅遊処長によれば、澎湖花火フェスティバルは初のドローンテクノロジーによるライトショーと花火、ウォータースクリーンテクノロジーの演出を組合せ、素晴らしい成功を収めることができ、22のイベント期間中、合計のべ31万人が観音亭を訪れ、花火イベントに参加し、同時に4月から6月の花火フェスティバル中、のべ42万人の旅行客が澎湖を訪れているとしています。

    また陳処長は、今年の旅客人数はこれまでの記録を更新し、過去の観光客数より約30パーセントの成長が見込まれており、そのうち、5月ののべ旅客数は18万4,289人、6月ののべ旅客数は18万8,292人を達成、2個月連続でひと月当たりの最高人数を更新、澎湖ホテル業の予約率は約20パーセント、レンタカー業者の業績は50パーセント近く成長し、約21億ニュー台湾ドルの観光売上を予測、国外企業から引き合いもあることを指摘しました。

    陳処長は、「澎湖国際海上花火フェスティバルは創意工夫を繰り返し、ブランド価値を高め投資を誘致することで財源を豊かにするという2つの大きな方向性を目指しています。花火フェスティバルのブランド価値をより高めるため、来年はドローン・ライトショーのほか、国際花火コンテストと花火フォトコンテストを企画し、花火ブランドの新しい魅力を生み出します」と述べています。

    頼知事は、「花が満開ならばチョウがやって来る」の言葉通り、17年目を迎えた澎湖国際海上花火フェスティバルでは、ドローンと花火が初めて共演し、観音亭の夜空を彩り、イベントは成功を収め、観光客やメディアからは好評を獲得、世界的に有名な企業が提携を希望し、澎湖に経済効果をもたらしたと話しています。
更新日:2019-11-15
トップページ TOP