進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
新着情報
中央コンテンツブロック
馬公空港を澎湖空港と名称変更  澎湖島のイメージ強化へ
澎湖県政府 2018-08-09 365
    交通部民用航空局は9日の午前、澎湖空港1階の国際線到着ロビーで「世界に羽ばたく澎湖空港名称変更記者会見」を開催し、「馬公空港」の名称を「澎湖空港」に変更することを正式に発表しました。陳光復県知事は、今後、世界の利用客がこの空港を一層識別しやすくなり、旅行の利便性が向上するだけでなく、澎湖島の観光マーケティングにつながり、世界で最も美しい湾である澎湖島のブランドイメージが向上することを期待すると述べました。。
    記者会見は交通部政務課の張政源次長の司会で執り行われ、文澳小学校の鼓笛隊のパレードで幕を開けました。陳光復知事、劉陳昭玲議長、呂黄春金議員、黄春燕議員、蔡清続議員、民用航空局の林国顕局長、馬公エアターミナルの邱永昇主任、警察局の賈楽吉局長、荘栄松検察長、澎湖防衛指揮部の黄金財指揮官、昇恆昌(Ever Rich)の江建廷総経理などが式典に参加しました。
    馬公空港は実際には馬公市ではなく湖西郷にあります。また澎湖島は「澎湖」の二文字で対外的に知られています。また台湾の他の空港の命名例を見ても、桃園空港、台中空港など県や直轄市名に従い命名されています。陳知事は、就任後、積極的に中央政府と交渉し、空港の名称変更を推し進めてきました。何度も中央政府部会を訪れ、馬公空港を澎湖空港とする名称変更の提案を繰り返してきたのです。昨年、行政院長である頼清德氏が澎湖を訪れた際には、空港の名称変更を直々に提案しました。その努力の結果が報われ、行政院は空港の対外的宣伝名を「澎湖空港Penghu Airport」とすることを正式に承認しました。
    澎湖島では、2018年度世界で最も美しい湾カーニバルと年次総会が9月末に行われます。県政府は一連のカーニバルのイベントを計画しており、この時期に馬公空港が澎湖空港と名称されたことにより、澎湖島の国際的な知名度が向上することが期待される、と陳知事は語ります。また澎湖諸島には、世界で最も美しい湾もあり、それと共に国際的な「マーケティング」を推し進め、澎湖島のブランド知名度が上がることでしょう。「澎湖-世界で最も美しい湾」とのブランドイメージは、世界からの多数の観光客を呼び寄せることになるに違いありません。
    劉陳昭玲議長は、交通部と民用航空局が澎湖住民の民意を重視し、空港の名称変更を行ってくれたことに謝意を表し、今後も中央政府と地方政府が一体となり、澎湖の観光の推進や旅行業の質の向上に努めるべきであると語りました。
    張政源次長は、「澎湖空港Penghu Airport」が世界で最も美しい湾の起点となり、澎湖島の国際的な舞台における重要なターミナルとなるようにとの希望を述べ、民用航空局と馬公エアターミナルが共同で空港の施設やサービスの向上に努め、地元に密着したコンセプトのサービスを提供してゆく決意を表明しました。
更新日:2018-09-25
トップページ TOP