進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
新着情報
中央コンテンツブロック
中国石油の戴謙董事長が澎湖に赴き、県政府と湖西住民に謝罪
澎湖県政府 2018-07-18 433
    中国石油公司の湖西オイルタンク流出事件を受け、中国石油の戴謙董事長は18日午後に澎湖に赴き、県政府と陳光復県知事を訪問し、県政府と湖西住民に深い謝意を表明しました。また中国石油公司も迅速に問題解決を図り、善処するとともに汚染拡大の防止に努めることを表明しました。
    陳知事は、中国石油が事実の隠匿を行っていなかったならば、半年前に流出の拡大を防止することができたはずだと語りました。問題が明らかになって現在としては、中国石油が安全に注意し、ガス爆発を防止するよう強く求めました。また土壌と水質汚染を調査し、汚染範囲の拡大を防ぎ、関係者の責任追及と石油タンクの移動の評価を行うこと、また住民に対する十分な補償を行うことを要請しました。
    昨年11月に中国石油の董事長に就任した戴謙氏は、まず県知事と湖西住民に謝罪し、昨日の午前中に全体の経緯を知ったと告げました。戴氏はメディアによる情報提供に感謝するとともに、中国石油は問題をすでに制御し、危険はないため安心するよう住民に伝えました。中国石油公司は今後も県政府と協力し、共同して問題解決に当たるとも述べました。
    戴氏は、中国石油はオイルが流出した土壌に対し地中連続壁を使用し、汚染土の油を蒸発させる計画であることを告げました。また中国石油は同様の事件の処理経験を持つことをも県政府に伝えました。同氏はまた、社内にプロジェクトチームの設置を命じ、処理計画書を1週間以内に県政府の環境保護機関に提出し、全力で善処することを約束しました。
更新日:2018-09-05
トップページ TOP