進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
新着情報
中央コンテンツブロック
中国石油の湖西オイルタンク流出事故  陳光復県知事は中国石油に原因究明を急ぎ善処するよう要求
澎湖県政府 2018-07-18 382
    中国石油の湖西オイルタンクからの6.3万トンの石油流出が隠匿され、1年以上にわたり湖西地区の土壌と地下水質を及ぼし、住民の生活を恐怖に陥れました。住民はこれが数年前に生じた高雄市のガス爆発事件の二の舞になるのではないかと心配しています。18日には地方調整会議が開催され、陳光復県知事は中国石油公司による隠匿事件を強くけん責し、環境保護局に調査を求めるとともに、中国石油も迅速に原因究明し善処し、内部統制と現地への報告制度を強化するよう要求しました。
    18日の調整会議は午前10時に湖西地区活動中心で開催され、湖西郷の呉政杰郷長が司会者を務めました。陳県知事、議員である成万貫氏、陳振中氏、蔡清続氏、陳慧玲氏、湖西郷代表会の洪国強主席、環境保護局の馬金足局長、民進党の盧長在書記長は、住民を代表し、中国石油が事実を見つめ、住民に理に適った説明を行い善処するよう声明を発表しました。
    陳知事は、先祖からの土地を守る湖西出身者として、澎湖島のどの土地も人為的なミスにより汚染されることが許せないと述べました。今回、中国石油による流出事故の隠匿が明らかに違法行為です。知事は環境保護局に監督を要請するとともに、中国石油が情報を透明化し、原因究明に努めるよう強く求めました。また事故に善処し、関係者の責任も追及するよう強く要求しました。
    陳知事は、中国石油は内部統制を強化し、問題の再発を防止する制度を構築するとともに、住民にしかるべく補償を行い多年にわたる不備の埋め合わせを行うべきであることを強く主張しました。
    環境保護局の馬金足局長は、環境保護局が土壌検査と地下水抽出検査を行い、水質汚染予防・対応法規定に従い処罰を与え、検査結果に従い罰金の裁定が行われると述べました。検査報告は19日に出される予定です。
更新日:2018-09-05
トップページ TOP