進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
新着情報
中央コンテンツブロック
高齢者ケア拠点が東衛地区に設置
澎湖県政府 2018-06-29 162
    澎湖県の34番目の地区高齢者ケア拠点として、東衛地区高齢者ケア拠点が29日の午前に正式に成立されることになりました。陳光復県知事は、オープニングセレモニーに参加し、来賓とともに同地区に希望の光を灯しました。またお年寄りができるだけ外出して社会と交流し、退職後の生活を充実したものとするようにとの励ましの言葉が与えられました。
    澎湖県における地区高齢者ケア拠点の設置は、陳知事が力を入れる政策の一つで、今年の目標は39拠点です。現在までに33拠点が設置され、今回の東衛地区発展協会は34番目の拠点となります。現時点で馬公市の33の村と里に14か所設置され、普及率は年末までに45.5%となります。県政府は、拠点の設置を通し、お年寄りが手軽に適切な社会福祉リソースを利用できるようにすることを目指しています。高齢者にはまた、各項のイベントやカリキュラムへの参加が奨励されています。こうして健康が増進され、認知症、機能喪失、寝たきりなどが防止された、幸せな町づくりがその目指すところとなっています。
    陳知事は、東衛は風光明媚な場所で、ダム、坑道、公園などもあり、お年寄りにとっては格好の居住環境であることを指摘しました。東衛地区のケア拠点は、お年寄りの憩いの場とはるはずです。地区が取り決める誕生会、電話訪問、健康に関連した講座などは、高齢者の生活の必要を満たすことになるでしょう。東衛地区ではまた、廃棄された瓶のリサイクルアートを奨励することにより、リサイクル品に新たな価値を付与しようとしています。これは同地の知名度向上にもつながることでしょう。
    セレモニーのはじめには、馬公市立託児所東衛支所の園児たちが元気なダンスを披露しました。セレモニーは、陳光復県知事、劉陳昭玲議長、陳双全副議長、呂黄春金議員、蘇啓昌社会処長、環境保護局の許佳佩副局長、望安郷代表会の俞主席などの参加を見、共に同地区の希望の光の点灯にあずかりました。現在、同地区は積極的に空きビンのリサイクルとアート利用を推進しており、住民が一致して運営するサービス拠点のモデル提供を行っています。
    馬公市には14の高齢者ケア拠点が設けられ、直接訪問、電話訪問、コンサルティング、紹介サービス、健康促進イベント、飲食サービスなどが行われています。サービスを現地化することは、お年寄りが住み慣れた環境でケアを受けることにつながります。ここれは高齢者が理想的な環境で老いを迎える上で重要なファクターとなります。
更新日:2018-09-05
トップページ TOP